レプラホーン ふじたけいこ様

By oks-afmk 1年 ago
Top  /  Merchants  /  レプラホーン ふじたけいこ様

MERCHANTS AFMK REPORT

レプラホーン ふじたけいこ様

埼玉県草加市にてコーヒーの挽き売り店を営まれているレプラホーン様。
(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIでも毎月おいしいコーヒーをご提供いただいております。
本日は草加市のレプラホーン様の店舗にお邪魔し、コーヒーのおいしさの秘密を取材してまいりました。

こちらが草加市にあるレプラホーンさんの店舗です。23年前に自宅を増築し、カフェとしても営業されています。

普段は、けいこさんが店頭に立ち、夜にご主人が焙煎を行われているとの事。辺りは閑静な住宅街。豆を焙煎すると、ご近所がコーヒーの良い香りに包まれます。

ふじたさんがコーヒーを始めるきっかけになったのが、なかなか子供に恵まれなかった事。

ご夫婦で何か始められないかと思案しているとき、「スペシャリティコーヒー大全」著者 バッハコーヒー田口護氏と出会った事がきっかけでした。その後、コーヒーの勉強中に子宝にも恵まれ、そのお嬢様も今は独立されました。

育児から解放された為、これからは自分のペースで楽しく仕事ができると笑顔でお話しされておりました。

2018年9月に公共公園の出店許可を取得され、(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHI以外にも、埼玉県内にある「そうか公園」「綾瀬川左岸広場」や都内のイベントなどでご出店されています。

キッチンカーによる移動販売で、たくさんの方にスッキリとした美味しいコーヒーを飲んでもらいたいとおっしゃる、ふじたさん。

◇安心・安全なコーヒーを作るためのこだわり

提供されるコーヒーのおいしさの秘密は丁寧で時間のかかる豆の選別作業にありました。

10kgの袋で納品されるコーヒーの生豆の良し悪しを一粒ずつ手仕事で選別し、割れている豆や、虫食いの豆など不純物をすべて取り除いていきます。

そうして選別し終わった豆を焙煎し、さらにもう一度一粒ずつ選別し直します。

お店には、常時10種類程度のコーヒー豆を準備されている為、その作業に費やす時間と労力は膨大です。

しかし、楽しみにしてくださるお客様に新鮮でおいしいコーヒーを提供するため、この作業を毎日行っておられます。

こうして丁寧に選別された豆で入れて頂いたコーヒーは優しく、雑味を感じないスッキリとした味わいでした。

この作業を行わないと、胸焼けしたり、気分が悪くなるコーヒーになるとの事。

ふじたさんの丁寧なコーヒーに対する愛情に職人の心意気を感じました。

※写真右:インディア 写真左:ハイチ

■職人とは、一切の妥協が無いコーヒーをお客様に提供すること

2種類のコーヒーを試飲させて頂きました。普段コーヒーと一括りにしていましたが、2杯並べてテイスティングするとその味、香りの違いに驚きました。

産地によって、コーヒーの持つ特徴が違うため、その日の気候、気温、風の状態などで焙煎の具合を変えるそうです。

豆の仕入れ、選別から焙煎、提供まで一切の妥協が無いレプラホーンさんのコーヒーはまさに職人が淹れるコーヒー。

是非(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIで味わってみて下さい。

ふじたさん本当にありがとうございました!

Category:
  Merchants
this post was shared 0 times
 000